睡眠障害で悪夢を見ないようにする方法

172917

睡眠障害や睡眠不足で悪夢をよく見る

そんな、悩みをお持ちじゃないですか?

 

悪夢を見るという事は、睡眠が浅い状態です。

睡眠が浅いと、体力も回復しないので、疲労が溜まったり、

自律神経失調症や、うつ病の入り口にもなります。

悪夢を見なくするという事は、良質な睡眠を得ることとも言えますね。

 

良質な睡眠をとると、脳や神経を休ませ、体の疲れを回復します。

精神的、肉体的に回復できるんです!

では、どのようにすれば、質の良い睡眠を得ることができるんでしょうか?

 

悪夢を見ない方法

悪夢は出来れば見たくありませんよね。

悪夢を見ないですむ簡単な方法を紹介します。

 

ストレス解消

心配事や不安なことをできるだけ解消しましょう。

リラックスさせることが重要です。

 

辛い食べ物を避ける

唐辛子のカプサイシンなどの刺激物は、交感神経を興奮させ、眠りを浅くします。

夕食前には刺激の強い食べ物は避けましょう。

 

高脂肪の食事、砂糖

肉の脂やバター、甘いお菓子なども注意!!

内臓に負担をかけるので、朝がだるいということも・・・

 

アルコール

アルコールは眠りを誘うと思いがちですが、実は、眠りが浅くなります。

トイレなどで何度も起きてしまう、中途覚醒を引き起こします。

 

睡眠導入剤 抗うつ剤

これらの薬の副作用で悪夢を見る場合もあるようです。

薬を止めた事で、悪夢を見なくなった事例も多いです。

 

まとめ

まずは、眠る前に、上記に注意して過ごすようにしましょう。

一番大きな要因は、ストレスとも言われています。

ストレス解消をして、楽しく過ごすこと!

これが、悪夢を寄せ付けない簡単な方法です。

 

悩みや考え事も悪夢を呼びがちです。

リラックスして、楽しいことを考えましょう。

運動をしたり、好きな音楽を聴いたりするのもいいですよ。

 

睡眠サプリを利用して体をリラックスさせて、

質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

 


PAGE TOP