睡眠不足でいつも眠たい・・・もしかして入眠障害かもしれませんよ

yun_1658

睡眠不足で眠い・・・

その原因は様々です。今回は、睡眠不足の原因の一つである

「入眠障害」について紹介してみます

入眠障害とは?

そもそも、入眠障害とはどのような状態のことを言うんでしょう?

入眠障害は、不眠症の一種。睡眠障害の種類の一つです。

誰でも、心配事、不安なこと、また、楽しみなことなどが控えていると、

なかなか寝むれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりすること

ありませんか?

これは、正常な状態。

入眠障害は、特に上記のようなことがないのに、眠りに入ることが

出来ない状態のことを言います。

入眠障害の原因

では、入眠障害原因って何なんでしょう?

入眠障害の原因は様々と言われています。

入眠障害の原因は、興奮する出来事があったり、翌日の予定

など、緊張していたりすると、なかなか寝付けなくなります。

これも、入眠障害の原因になります。

一過性の物であれば、特に問題はないんですが、慢性的に

なると、非常に問題になります。

なかなか眠りにつけない=睡眠不足の原因

になるわけです。

入眠障害の原因の多くは、脳が興奮状態にあることが原因と

言われています。失恋、家庭、環境の変化などは一時的に

入眠障害を引き起こしやすいといわれています。

なにはともあれ、入眠障害は早めに対策を打つのがベターです。

入眠障害の対策

入眠障害の対策もいろいろあります。

その症状に応じた対策を取ることが一番です。

不安が原因であれば、その不安が取り除かれれば自ずと

入眠障害は治るでしょうし、環境変化の場合は、環境に

慣れてくると治ってきます。

要は、不安を感じる要因を取り除くことが先決なんです。

体と脳をリラックスさせることが有効です。

リラックスさせる方法もいろいろありますが、少し

ピックアップして、紹介してみます。

音楽を聴く

部屋を薄暗くしてリラックスミュージックを聞いてみてはどうですか?
好きな音楽を聴くのもいいです。セラピーCDなるものもあります。

軽くストレッチ

軽めのストレッチで筋肉の緊張をほぐすことも効果があります。
スロトレなんかもいいかもしれませんね、

睡眠サプリメントを使う

リラックスするためのサプリを使うのも有効です。
セロトニンニ注目したサプリがお勧めです。

まとめ

入眠障害というのは、布団に入って30分以上経過しても、

全く寝付けない状態のことを指します。

比較的、不眠の中でも多い症状と言えます。

慢性的な物でなければ、気にすることはありません。

ただ、入眠障害の症状が2週間以上続いたり、眠りが浅く、

朝まで眠ることが出来ないため、疲れが取れないなどの症状が

ある場合には、専門の病院で診察してもらい、薬の処方をして

もらうことが大事です。

ストレス発散して楽しく過ごすことが大事ですよ!

スポンサードサイト
スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です