怖い夢を見た!!その原因とは?

8603615761_666b2d7125_b

「悪夢を見て、夜中に目が覚める…」

そんな経験ってありませんか?

私はちょくちょくああります(-_-;)

 

この怖い夢って実は原因があるようです。

今回は怖い夢の原因を調べてみました。

 

ストレス

怖い夢を見る原因の一つが、精神的ストレスと言われています。

 

このストレスが、私たちが寝ている間活動している脳に影響を及ぼします。

ストレスの原因や理由が分かっていれば、夢に影響を与えるのが少ないと

言われていますが、自分でも気づかないストレスや負担、漠然とした不安など

の場合は、夢に影響を与えやすくなるようです。

 

例えば、面接や試験の前日などは、心理的ストレスが多くなるため、

遅刻をしたり、落ちたりする夢を見やすくなるわけです。

 

このストレスが原因の場合は、ストレス解消が一番の対策です。

運動したり、ストレスを溜めないように気を付けましょう。

 

 

寝る環境

実は、眠る環境が原因で悪夢を見てしまうこともあります。

  • 寝具が重い
  • うつ伏せで寝る
  • 寝室が明るい
  • テレビをつけたまま寝る

上記の環境では、ゆっくりと眠ることができなくなり、

悪夢を見てしまう可能性が高くなります。

 

 

ホルモンバランスの変化

急激なホルモンバランスの変化によっても、怖い夢や

嫌な夢を見る可能性が高くなります。

特に、女性に多い原因です。

思春期や妊娠中などは、多いようです。

 

 

アルコール

お酒の飲み過ぎも悪夢を見やすくなります。

アルコールは、しっかりと休息するノンレム睡眠に落ちるのを

邪魔する作用があります。

お酒を飲み過ぎてしまうと眠りが浅くなるので、夢を見やすくなるのです。

適度な量にしておきましょう。

 

 

まとめ

まずは、上記に気を付けて悪夢対策をしましょう。

やっぱり、グッスリと深い眠りにつくことが大事なようです。

寝る前の環境を整え、ゆっくり睡眠を楽しみましょう。

 

 

, 眠る

Posted by kazu


PAGE TOP