眠れない夜に試してみる?!ばっちり眠れる方法

眠りたいのに眠れない・・・

そんなあなたに眠くなる方法を紹介します。

時間を気にせず、実践してみてくださいね。

起きてみる

布団に入っても全然眠れない。
逆に、目が冴えてくる。これは焦りです。

こうなれば、逆に布団から出るのも一つの方法です。

一度体を起こし、体の軽いストレッチを行うのもいい方法です。

筋肉の緊張を和らげたり、適度な運動をするのは、眠れない夜に
眠りを誘うためにもとても良いといわれています。

 

ストレスを取り除く

眠れない理由の一つとして「ストレス」が考えられます。

考え事をしているとなかなか眠れなかったり、悩んでたりしても
寝つきが悪くなったりしますよね。

眠ろうとしていても眠れないとイライラするのもストレスです。

ストレスを感じない方法は「大丈夫!」と言葉に出して言うこと
も非常に効果があったりします。

寝る直前は、脳を休めるためにも、スマホやPCなどを
控えてることも大事ですよ。

また、深呼吸してリラックスするのもいいですよ。

1分で寝る!4-7-8呼吸法

これ、かなり効果ありました。やってみてください。

 

音楽やアロマ

これもリラックスさせるためなんですが、自分が好きな音楽や
香りを使うことで、心身をリラックスさせて眠る方法です。

 

音楽といっても、歌詞があったり激しい歌だと逆に脳が興奮してしまうので
波の音や、川のせせらぎ、クラッシック音楽などがよいそうです。

眠りにつくまででいいので、タイマーをセットしておきましょう。

 

また、アロマなどの香りも効果があるようです。

香りには、心身をリラックスさせる効果があります。
睡眠前にアロマオイルなどを焚いて、リラックスしましょう。
ラベンダー、カモミール、オレンジなどがおすすめです。

香りで眠れる人も多いようです。

試してみるのもいいと思いますよ。

 

体を温める

寒い冬は室温を暖めたほうが眠りやすくなります。
温度は18度〜22度あたりが寝やすいようです。

また、湿度にも気をつけるとさらに眠りやすくなります。

眠れない夜には、ぬるめのお湯で30分程度、一度半身浴を
するのもいいようですね。

また、ホットミルクなどを飲んで、体を温めるのも有効です。

 

やっぱり眠れない・・・

でも大丈夫です!!

たとえ眠れなかったとしても、目をつぶるだけで、ちょっと寝てるんです。
少しでも寝れば体力的にはしっかり回復できています。

眠れなかった・・・と思っても焦らないでくださいね。

 

起床はいつもと同じ時間に起きましょう。
いつもと同じように行動することで、体も脳も生活のリズムが
狂わずに行動を開始します。

目をつぶっていれば少しは必ず寝ているので、体力は温存されています。
意外に、いつものように一日を過ごせると思います。

その日は帰ってきたら、早めに寝る用意をしてリラックスして
ゆっくりと寝床につきましょう。

 

ぐっすり眠るためのおすすめサプリ

 


PAGE TOP