眠れないを改善!「不眠症」のときにしてみたい6つの対策

寝付きが悪い、なかなか眠れない、夜起きてしまう・・・

そんな、「不眠症」に悩まされている人が増えているようですね。

今回は、そんな「不眠症」を解消するための対策を紹介してみます!

不眠症の原因とは?

そもそも、不眠症とはなぜ起こるんでしょう?

不眠症は、年齢、性別、環境、など、さまざまな要因があります。

  • ストレス
  • 身体的な病気
  • 精神的な病気
  • 生活リズムの乱れ
  • 環境

などが大きな要因と言われています。

不安であったり、心配であったりすることが安眠を妨げるんでしょうか?

 

不眠症の対策

では、そんな不眠症の対策方法を紹介してみます。

運動をする

激しい運動ではなく、軽く汗ばむ程度の運動がおすすめ。

体が少し疲れると、心地良い睡眠に繋がりますよ。

 

起床時間を決めよう!

実は、起床時間の狂いがもとで不眠になってる方も多いです。

休日対夜更かしして朝寝坊すると、その夜寝つきが悪くなる。。
そんな経験ないですか?

睡眠覚醒は体内時計で調整されています。ですから、平日と休日で
就寝時間が大きく変わると、体内時計がくるってしまうんです。

起床のサイクルを狂わさないようにしましょう。

 

陽の光を浴びる

朝起きて太陽光に当たることは非常に良いとされています。

陽の光は、体内時計を調整する働きがあります。
早起きして太陽光にあたれば、早寝にもつながりますよ!

 

ストレス解消

やっぱりストレス解消も大切ですね。

ストレスは、健康はもちろん、睡眠の大敵です。

音楽、読書、映画、スポーツ、旅行、ウォーキングなど、
自分にあった趣味をみつけ、定期的にストレス発散しましょう!

日々「ツイテル」と口に出して言うことも効果あります。

なんせ、気分転換です!

 

飲酒を控える

飲むと眠れるともってる方も多いと思いますが、これ間違いです。

睡眠にとって、寝酒は良くありません。

お酒を飲んで眠ると、眠りが浅くなり、途中で覚醒したりして
質の良い睡眠はとれません。

お酒に頼らないようにしましょう!

 

寝る前のリラックス

リラックスすると、副交感神経を活発にさせ、快眠することができます。

寝る前は、コーヒー、紅茶を控えましょう。また、スマホやパソコンなど、
も寝る前には控えましょう。光が脳を興奮させてしまいます。

ぬるめのお風呂で体を温め、心身をリラックスさせましょう。

 

まとめ

不眠症の際にしてみる6つの方法を紹介してみました。

まずは、自分の不眠症の原因を探り対策してみてはどうですか?

まずは、焦らないことです。眠れない夜は読書なんかもいいですよ。

ストレスや心配事を解決して、ゆっくり睡眠できるようにしましょう!

 


PAGE TOP